Tomigaya Travel

Travel is my life

JAL特典航空券 攻略法 ~2020年末年始海外旅行 準備編その3~

怒りに震えてると筆が進みます。とりあえずヨーロッパ方面に行くことは決まりました。

JALの直行便が飛んでるのは

羽田発 ロンドン(一日二便)

羽田発 パリ

成田発 ヘルシンキ

成田発 フランクフルトです。

f:id:reiwa-tsuredure:20191126204656j:plain東京(成田)-ウラジオストク線は2020年2月28日新規開設です。
東京(羽田)-ヘルシンキ線/モスクワ線は2020年3月29日新規開設です。
東京(成田)-ヘルシンキ線/モスクワ線は2020年3月28日までの運航となります。

モスクワにも成田から飛んでますが、東に寄り過ぎてるのと極寒なのと去年のロスバゲのトラウマがあるのでパスです。

www.tomigayatravel.work

冬のヨーロッパなんで南方面を最終目的地にしたいのと、最近心がけてる地図を塗りつぶす事ができることを叶えられる目的地にしたいのです。beenというアプリで行った国を塗りつぶすことができるので行ったことのない国に行きたいのです。

コアヨーロッパは大体行った事があるのでヨーロッパ高速鉄道の旅で地図の狭いところをうろちょろするのは今回は想定してません。

そうなるとやはり飛行機でヨーロッパを飛ぶ事になります、すなわちOne Worldの拠点です。

ってこの場合のすなわちに全く市民権がないのは分かってます。でも、どーせ乗るのはエコなんですが、日本の空港と違って海外の空港は混雑が激しかったりカオスなんで、もはやほとんどなくなったJGCの威力を使ってビジネスカウンターでチェックインしたり、ラウンジにエスケープしたいわけです。ってなわけで、第一候補はロンドンです。はい、ロンドン、ロスバゲの都ロスバゲが特技のかの有名なブリティッシュエアウェイズ様の本丸です。今回はロンドンでトランジットしなければいいと高を括ってとりあえずロンドン便の空きを確認↓

f:id:reiwa-tsuredure:20191126205040p:plain
159,500マイルです、片道。じゅ、じゅーごまんきゅうせんごひゃくマイル??

この中途半端な9500ってのも異様にむかつく、いっそのこと160000の方がまだすっきりするわ。

f:id:reiwa-tsuredure:20191126205110p:plain
で、参考までに帰りは196,000です。
はい、暗算してみましょう、
355,500マイルですねー5が三つ並んでGo!Go!Go!縁起がいいよね、ってわけないやん。

往復35万マイルです、普段なら11万が。

3.5分の1に減価されました、マイルがw

しかも、年始出発という年一の閑散期で。

しかも(二回目)ロンドンはダブルデイリーなわけです、いやはやBREXITとはいえやっぱりロンドンは大人気みたいですね、って感心してる場合かwこれじゃロンドンに通常マイルで行くことなんて無理です、絶対。

大人気ロンドンはおちょくったマイルしかないので諦めて他を探します。JALきっての不人気路線w、フランクフルト。あー、空きがありました、片道55,000と最安です!!

f:id:reiwa-tsuredure:20191126205336p:plain

でも、私あまりドイツ好きじゃないんです。飯まずいしw

まあ国としては一極集中してないから各都市はバランス取れてるんですが、まあはっきり言うと見どころがないwノインシュバインシュタイン城くらいしか知らないのでwしかもルフトの牙城ということでスキップ。

で、残るはヘルシンキとパリです。とりあえず冬のヘルシンキなんぞアンパイ間違いないので確認したら55,000の表示。これでOne Worldの拠点ヘルシンキは確保です。でも残念ながらヘルシンキは西欧から遠いのと間違いなく寒いw

と言う訳で本命のパリをサーチ。

何と1/2出発は55,000の表示が!!よし、これで帰りもパリだと発券に行くと、

f:id:reiwa-tsuredure:20191126205412p:plain

なんと107,000とおちょくったマイルがwとりあえず行きはパリからだけど、帰りはダメなんで再び滑り止めのフランクフルトとヘルシンキを。

どちらも一週間最低の55,000の表示だったので、どちらにしようか。ドイツも冬のフィンランドも全く興味ないけど、西欧に近いフランクフルトをチョイス。

何とかJALとの厳しい戦いをパリinフランクフルトoutと言う荒技で制する事ができた。

最低マイルで行きたい日程で予約できたんで、私の勝ちですw
っていや、こんな閑散期で勝てないと全く意味がないのでw

参考までにビジネス割引運賃で同じ日程の料金を検索すると330,000円でした。と言うことは1マイル3円くらいです。まあ今のJAL相手に勝負するには3円はかなりいいスコアかも。ただ、ビジネス往復で33万ってなかなか安いです、エコノミーでも15万とかザラにあるので。

逆にビジネスの最安値が33万くらいまで落ちないと(それくらい空席ないと)最低マイルは解放されないのだと思われます。

うーん、やっぱりこれは制度改悪以外の何物でもないですね。

ただ、一つこの不愉快なハイパーインフレを回避できるかもしれない方法があります。

それは、特典航空券PLUSはビジネスとエコノミー限定なのです。
と言うことはファーストクラスは従来の制度を踏襲してるわけです。

すなわち、キャンセル待ちができるんです。

ちなみにヨーロッパでファーストがあるフライトはロンドンの昼便とパリ便です。必要マイルは片道80,000マイルです。ビジネスの最低マイルにプラス25,000マイルでファーストに乗れるのです。ただ、ファーストは元々座席数も少ないのでマイルで乗るのは至難の業。予約開始と同時に満席になります。加えてファーストは割引運賃がないのでJALからすると是非にも有償で埋めたいカテゴリーなわけです、当然公表されてないけど、1フライト辺りのマイル用の席なんて1,2席がいいとこだと思います、全部で8席しかないので当然ですね。

でも、年柄年中満席になる訳じゃないので、あまりに空席が目立つのならマイルを使ってもらって空席を埋めようと考えるかもしれません、実際直前になるとマイル用の席が空いてるのもありますし、制度改悪前にはビジネスはキャンセル待ちでもファーストは空席があってマイルでファーストに乗ったこともあります。

f:id:reiwa-tsuredure:20191126215509j:plain

詳細は↓をどーぞ。

www.tomigayatravel.work

 

で、何よりキャンセル待ちが取れるかは別にしてマイルは80,000マイル固定なんです。

80,000マイルと言ったら超閑散期のロンドンビジネスクラスの半分のマイルでいいんです。

完全に逆転してるのです。もちろんキャンセル待ちが取れなかったら旅行にすら行けなくなりますが、超絶ぼったくりのビジネスよりはいい気がします。そしてJGCの優先キャンセル待ちが効いてくるので平JMB会員がキャンセル待ちしてても横入りで列に並ぶ事ができるんです。

まあのび太より強いスネ夫がいても、後ろにもっとつよいJMBダイヤモンド会員様ジャイアンがいるので、平JMBの前に並んで一生懸命待っていてもダイヤモンド会員が来ると横入りされます、そして一瞬空いた空席をかっさらって行くのです、、、
JMBよりは確度が高いのでジャイアンがいない事を祈りながらキャンセル待ちを入れるのもありかもしれませんね。

さて、この悪名高い「JAL国際線特典航空券PLUS」。一度上げた拳を振り落とす訳には行かない、でもものすごーく評判が悪かったんでしょう。最近JALさんが新しいキャンペーンを始めました☆

f:id:reiwa-tsuredure:20191126210452p:plain

JAL国際線特典航空券PLUSにて対象欧米線のビジネスクラスを片道80,000マイル以上で交換されたお客様限定で、以下サービスを提供いたします。
片道80,000マイルってファーストの必要マイルと同じやん。(ロンドン、パリ便)
ってことはやっぱりJALも気にしていてファーストよりもたくさんマイル払ってビジネス乗った人にはサービスをしましょうということのよう、果たしてどんなサービス??

f:id:reiwa-tsuredure:20191126210802p:plain

①すべてのJMB会員のお客様:ご搭乗ごとに、6,000FLY ON ポイントプレゼント。
はい、まず意味分からん。この6,000FLY ON ポイントの意味が。
もしFLY ONポイントの意味をご存じない方は↓をご参照ください。

www.tomigayatravel.work6,000FLY ON ポイントもらえると何かが変わるんでしょうか。。。まあ修行してて後6,000ポイントで解脱できるとかだと80,000マイルでビジネス乗って解脱できます。
片道なんで往復すると12,000ポイントです、必要マイルは160,000マイル。
これを4倍すると48,000ポイントなんで640,000マイルを使えばほぼ50,000ポイントもらえるわけです。すごい、これ一番楽な修行かも。欧米それぞれビジネスで2往復ずつしかもお金使わずにマイルだけで解脱出来るわけです。まあ取られるマイルはぼったくりマイルだし、陸マイルで貯めようと思うと6,400万分くらい使えば貯まるマイルですね。
まあ解脱まで想定しての6,000FLYONか分からないけど、まあ中途半端で意味不明。
お次は一気に対象が限定されるけど↓

f:id:reiwa-tsuredure:20191126211518p:plain

JMBダイヤモンド、JGCプレミア会員向けにはお車が用意されるようです。
これもすごーく中途半端。まず成田到着便ご利用時限定
ロンドン、パリ、サンフランシスコは完全に羽田オンリー、ニューヨークも一便は羽田に移管されているので対象外が多すぎる。しかも基幹線のロンパリニューヨークがほぼ対象外って、、、これも何がしたいのかさっぱり分からない。
ファーストキャンセル待ちご用意できず、ぼったくりマイルでビジネス乗せてごめんなさい、ダイヤモンド会員の方なのに、ってお詫びならファースト飛んでないと意味がないんです。でも、ファースト飛んでる先はロンドン、パリ、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴなんです。って事はぶっちゃけ対象になりうるのって成田便のニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴだけなんですね。これもマジ意味不明
で、最後が↓

f:id:reiwa-tsuredure:20191126212100p:plain

はい、来ましたまず成田空港出発便ご利用時限定。ロンドン・パリ・ニューヨーク(羽田便)・サンフランシスコは対象外です。
まあファースト乗せられなくてごめんなさい、代わりにファーストクラスラウンジ入れてあげるから許してね、って感じなんだろうか。
そりゃさ、↓な感じで寿司バーありますよ、成田のファーストラウンジには。

f:id:reiwa-tsuredure:20191126212418j:plain

でもね、何か違うんだよね、求めてるのは。
JGCプレミア以上の人はファーストラウンジをエコノミー利用時でも使えるのでそのままどうぞ。それ以外の元々はビジネスでしかサクララウンジを使えないクリスタル以下の会員とエコでもビジでもサクララウンジしか使えないJGC会員向けにファーストクラスラウンジをどうぞって事なんだけど、これも羽田は対象外になってるし、全く何がしたいのか分からない。成田のファーストラウンジは2カ所あるので、本館は寿司バーとかもあって贅沢だけど、サテライトのファーストラウンジってちょっと食事が豪華なだけでぶっちゃけ大した事ないんだよね。ヘルシンキとかモスクワ便ってサテライトから出発することが多いからしょぼい方のファーストラウンジが最寄りなんだよね。
もちろん寿司バー食べてファーストラウンジをはしごするって手もあるけどさ、そもそも小手先のラウンジアップグレードだけで凌ごうとするのが頂けないです。

っとこんな感じで長々と第三シリーズに渉ってJAL国際線特典航空券PLUSの批判をしましたが、何とか最低マイルで攻略することができました。

もはや何の旅行の話か忘れてしまったけど、そうです、年明けヨーロッパに行きます。
10泊もするので入念に予定を立てて行きたいと思います。
その辺を含めてどこに行くか、次回書きたいと思います。
こんな文句言ったのに、もちろん往復は信頼の翼、日本航空です。
<その4へ続く>