Tomigaya Travel

Travel is my life

JAL ファーストクラス 機内食 キャビアに始まって・・・ ファーストにふさわしい人って?? 2017シドニー・ニュージーランドその4

シャンパン飲み比べをした後はお待ちかねディナータイムです☆
f:id:reiwa-tsuredure:20191006144043j:plain
当然真ん中にはキャビア様が鎮座↑
シャンパン飲みすぎたので白ワインに替えましたw

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144148j:plain
ちょっとメニューをど忘れしてしまいましたが、おいしかった↑
この辺り、無茶苦茶脇が甘いんです、わたくしw
まあ2年後にBlog始めるなんて思ってなかったからねw
メインはもちろんビーフです↓

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144157j:plain
お肉が隠れるくらい野菜がたくさん乗ってておいしかった☆

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144228j:plain
デザートも非常にお上品な盛り付けでおいしく頂きました☆
食事が終わるとCAさんがベットメイキングしましょうか?と聞いて下さる。
ファーストクラスは持ち帰り可能なパジャマも用意されているので、
ベットメイキング中に着替える手順。
トイレで着替えて戻ってくるとフラットになった椅子にマットと布団が。
充分寝返り打てるほどの幅もあって、本当ベットですw
何かモニターに映ってるおばちゃん怖いけどw↓

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144304j:plain
まあ↓な感じで何の苦もなく眠りにつきましたzzz
ちなみに機内Wifiが付いていて、ファーストクラスの人は無料だったのでネットサーフィンも少し楽しみました。ネット環境もあり、もうまるで自宅にいるような感覚w

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144335j:plain
でも、残念なことにシドニーってそんな遠くないのです。
8時間とかそんな感じで着いてしまうのです。
飛行機乗ってディナーをゆっくり頂いて2時間ほど。
到着前1時間前に起きると実質5時間。
切ないけどそうなんです。
やっぱりNYの帰りとかロンドンの行きとか長距離の方がいいすね。
もうすぐ着いてしまうので朝食を頂きました。
鯛のお刺身が付いた牛肉のステーキw
朝から随分ヘビーですが、せっかくなので頂きました☆
一緒に付いてきたマスタード、まじうまでした。

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144420j:plain
食事が終わってシェードを開けると↓

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144509j:plain
オーストラリアに向かう夜便は朝到着するので、
進行方向左側にすると朝日が昇るのが見えるんです。
昔まだブリスベンにJALが飛ばしていたときも、
同じ席に座って(もちろんエコですがwしかもマイルでw)、
同じ朝を迎えたなー、と感慨に浸りながら。
窓2個分だとなかなか迫力ありますw

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144553j:plain
外を眺めていると着陸に向けて高度を落としていく。
ちょうど朝日が水平線から光の矢を放つ所が見えて来た

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144620j:plain

ちょうど北側からアプローチだったのでシドニー上空を通るルート。

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144650j:plain
写真ど真ん中にオペラハウスが見えた。
隣にはハーバーブリッジも。
まさかシドニー遊覧飛行も付いてくるとは思ってなかったので感動です!!

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144731j:plain

シドニーを通り越して180℃回転して最終の着陸態勢に。
多分何とかビーチって言うんだろうけど、オージーに来た事を実感。

f:id:reiwa-tsuredure:20191006144825j:plain

無事定刻にシドニーキングフォードスミス国際空港に到着。
正直全然Delayしてくれても全く構わなかったんですがw

え-、初めてのファーストクラス。
正直全く問題ない完璧なフライトでした。
ただ、一つだけ不満があるとしたら、
自分がまだそんな身分じゃなかった事。
まあちゃんとせっせとマイルを貯めて正しく乗ったんだけど、
分不相応というかw
珍しく殊勝な事書いちゃうけどね。
ぶっちゃけ甲斐甲斐しくして下さるのを、
きっちり紳士的対応するまで自分が成長してなかったです。
もちろん最大限感じよくしたつもりなんですが、
その感じよくする自分に疲れてしまってw
本当の紳士なら常に感じよく人に接しているので疲れるはずもなく、
そういう人がファーストクラスにはふさわしい人材なのだと痛感いたしました。
まだまだ修行が足りない私には端末で発注できるビジネスクラスで十分だと。
でも、帰りも調子に乗ってファースト予約してしまったw
まあオージーニュージー楽しんで少しでも紳士になって帰りのフライトを楽しもう!!

<その5へ続く>

 

www.tomigayatravel.work